12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-10-31 (Sun)
チャッピーくんのその後。

前回(27日)、ブログを書いた後、チャッピーが吐いちゃった。
まさか?薬の副作用?とか心配になりすぐにT病院に
「菅原病院の結果が正常値だったが薬の必要はあるのか?今、吐いたが薬の影響は無いか」を聞く。
「菅原病院からの結果は聞いている。心肥大があり咳が出てるから薬は飲んでおいていいでしょう。胃腸系に影響の出る薬ではない。吐き気が続くようなら考えましょう。」ということでした。
吐いたことに関してはちょっと思い当たることもある。
日曜日にスキーのゲレンデに出来たドッグランに行ってちょっと疲れていたことと、急に寒くなり体調が良くなかったみたい。
ま、そんなに心配はないかも...

そして今日は病院へ。と言っても雨だったのでチャッピーは連れて行かず私とまーさんだけで行きました。すっかり元気になりましたが、寒いので大事をとって...てのも変だけど?!

先生の話。
心臓の薬については菅原先生とも相談して、通常ならこの程度の心臓肥大で検査結果も正常値なら特に治療はしないが、咳が続いているので投薬を始めた方が良いと言うことになったそうだ。
肝臓の薬については、1年飲んでもあまり効果が出ていないこと。胆泥症も落ち着いている。ALPは高いがその他の肝機能は正常値なので、しばらく様子を見てよいでしょう。
ALPは肝臓以外でも上がることがあるが、どこが悪いかを調べるにはかなりの負担になってしまう。(経済的にもワンコ自信の身体にも)特にこれと言って症状が無いのでそこまでする必要はないと思う。
(このALPに関しては以前からT先生はそう言っていて、それでいいのか心配でA病院に行ってとんでもないことになったわけだ...)

いろいろあったが、結局T先生に戻った事になるかな....
たぶん何かとうるさい客だと思われてるかもしれないが、これからも少しでも疑問に思うことは納得するまで聞いて、それでも信頼できないことがあったら、その時は別の病院を受診する。
それで良いのかな。

ちなみに心臓のお薬は----レリート錠(ACE阻害剤系)専門的な話になるが大洋薬品(ジェネリックの会社)の製品はねぇ....
それに今までの関節のお薬---プロアントゾン
| チャー&ジュリの健康 | COM(2) | | TB(0) | |
2010-10-27 (Wed)
チャッピーの検査結果、T病院にも報告がいっているはずで、先日(23日)言ってきました。
「やっぱり腫瘍はなかったようですね」
と、肝臓の結果は聞いていたそうですが、心臓の事はまったく聞いていないと...
そういえば、CTを撮った病院で心臓の血液検査(NTpro-BNP)をして22日に電話をもらうことになっていたはず。当然、T先生にも結果は来ていない。
「すぐに薬をはじめたほうが良いと言われた」事を話すと
「心音はきれいだけどなぁ...」とあまり乗り気ではないようだったが、心臓の薬では一番弱いという血圧を下げる薬を1週間分出してもらった。の名前を聞き忘れてしまった
肝臓の薬はしばらくお休み。関節の薬は続ける...と言ってたのに忘れられた。そういうゆっきも忘れてた
その後、菅原病院から連絡が無いので26日、電話を入れてみた。
「検査の結果、数値は609で正常でした」ちなみに正常値900以下。検査の時「たぶん出ますよ(異常値が)」って言ったのに。
を始めて確かに咳は減ってきたようだけど、心雑音もなく検査結果も正常値で飲む必要があるのかな?
神様のように思えた菅原先生も忙しいのか結構いい加減!
T病院に電話で聞いてみようかな?

| チャー&ジュリの健康 | COM(2) | | TB(0) | |
2010-10-18 (Mon)
昨日、チャッピーの肝臓の腫瘍のCTの検査を受けてきました。
1か月ほど前に、肝細胞ガンの疑いがあると言われ
結果は白でした

これまでの経過はこちら→「チャッピーの肝臓」
ブログに書いてもアップ出来ずに下書きのままになっていたものです。
長くなりますが...(下から読んでね)

病院は車で約1時間半の佐沼にある菅原動物病院
なんでこんなところに?って思うくらいのどかな田舎町。でも県内では唯一CT、MRIを揃え、ガンの温熱療法なども行っているそうです。


朝9時から9時半までに来院するようにといことで、7時半に家を出ました。
CTの検査自体は数分で終わる
9時に病院に到着!
1019-6 (5)

びっくり!驚くほど小ぢんまり!待合室など3人くらいしか座れない!今まで行った病院の中で一番小さいくらい!
受付を済ませ、心電図を撮り、チャッピーは麻酔をかけられそのままCT室へ....
本当にほんの数分で検査は終了。
「いったん覚醒させるので、見守っていてください。」
と言われ処置室に行くと、酸素マスクをして眠ってるチャッピー。
何度か声をかけると、5分くらいでゆっくり目を開け、すぐに起き上がりました。
この後、酸素室で休ませ麻酔から覚まし、2時間後くらいには帰れると。
この時10時なので12時に迎えに行き、結果を聞く。

結果が出るまでドキドキだけど、お付き合いのジュリアもかわいそうなので、近くの公園で時間をつぶす。
長沼フート公園
1019-6 (3)

風車なんかあって、とってもいいところでした。チャッピーも連れて来たかったな...。
1019-6 (6)


そして12時。
「肝臓に腫瘍の所見はないですね。今飲んでいる薬を続けて、定期的にエコーで様子を見ていていいでしょう。」
「ただ、咳してましたよね。心臓が肥大しているので、すぐに薬を始めた方がいいよ。」
良かった!良かった!
やっぱりA病院の誤診だったんだ!
そして麻酔から覚めたチャッピーとご対面!母は涙をこらえるのが大変でした。
1019-6 (4)


今回の事といい、ジュリアの乳腺腫瘍の事といい、誤診や医療ミスってあってはならない事だけど、実際にはとっても多いんだと思いました。知らないでいることも多いと思います。
咳の事についても3年くらい前から再三T病院には言ってきました。その度「心音はきれいだし心臓は問題ない...」そのことを言うと「どこで薬を始めるかは獣医によって判断が違う。心音に出るほど進んでから薬を始めるより今から始めた方がいい。これ以上悪くなることはあっても良くなることは無い。T先生に結果は報告しておくから...」

昨日の先生もおっしゃってました。1つの病院で言われても、ちょっとでも疑問に思ったら2~3か所の病院で診てもらった方がいいと!

| 未分類 | COM(8) | | TB(0) | |
2010-10-13 (Wed)
体育の日の11日はすっごい良い天気

チャジューを連れて毎年恒例の「杜の湖畔公園」へお出かけ
99020.jpg



渋滞が予想されるので早めに出たつもりでも、すでに結構な混雑ぶり
10時半ごろに到着しましたが駐車場付近はかなりの渋滞でした。

| おでかけ&イベント | COM(2) | | TB(0) | |
2010-10-10 (Sun)
発表会のお疲れさん会は残念会になってしまったけど...
まーさんとフレンチディナーデート

ジュアン・レパンさんはかなりお久しぶりです。



お酒もちょっといただき、久々においしいものを食べて、がんばった自分にご褒美!

| ゆっきのおでかけ | COM(2) | | TB(0) | |
2010-10-10 (Sun)
今日はついに発表会でした
朝、家での練習はばっちり
自信を持って本番に臨めるはずだったのですが....
20101010.jpg

やっぱり緊張数か所とちり、自分の演奏はできない...
目標の「悔しい思いをしない!達成感を味わえる演奏」とはいきませんでした
今日は去年よりはだいぶ手ごたえはあったような...。でもやっぱり悔しい!
練習のようにはいかなかったけど、頑張った自分をほめてあげられないけど慰めてあげたい

てな訳で、夜は久々にまーさんとディナーデート
| ピアノ | COM(0) | | TB(0) | |
2010-10-03 (Sun)
いついか10月に入り
発表会は10日!ってことは後1週間
なんか今年はいろいろなことが続いて、なかなか練習に身が入らなかったけど...
ここにきて追い込み!


8月に事故にあってむち打ち症になり、首の状態が悪いのもあるけど、首を痛めたせいなのか、痛みによるストレスからか自律神経の症状(頭痛、喉の違和感)がひどくなってしまってる。

私って、いままで自分をストレスやプレッシャーには強い人間だと思ってた。
どっちかって言うと本番に強いタイプ!なんて信じたりしてた...
でも、発表会では緊張しまくり...ちょっとストレスがかかると胃にくるし....

な~んだ結構弱いところもあるんじゃん。
そう思ったらちょっと気が楽になった。
そしたらピアノも楽な気分で取り組めるようになった気がする。
ノーミスにこだわり、上手いところを見せたいと思うから緊張する。
今の自分の力を出せればそれでいいのに。
調子が悪い時期も練習はかかさなかった。
今はいい感じで弾けてる。
間違ってもいいじゃん。趣味で始めたんだもん。
コンテストじゃないんだもん。
本番も気持ち良く弾きたいな!

...そう思っても緊張しちゃうんだけどね...

| ピアノ | COM(2) | | TB(0) | |
2010-10-02 (Sat)
チャッピーの肝臓、CTのある病院でお検査をしてもらうにしても、今後通う病院を決めなければならない。
本当に迷ったが、もう一度、今までのT病院で診てもらうことにした。ジュリアのことであれだけひどい思いをしながら馬鹿げてるとは思う。でももし、本当にガンだとして「どうして早く見つけてくれなかったの?」と言わないと気が済まない。
それにT病院は手術の出来ないガンの免疫療法に力をいれている。


A病院で診てもらい、肝臓全体に腫瘍が広がっていて手術もできない状態と言われたことも説明した。
たぶん良い気持ちはしなかったと思うが、嫌な顔もみせず、話を聞いてくれた。

すぐ、エコーを見て....
「う~ん無いなぁ...」
ゆっき「ざっと見ただけで5つはあるって言われたんですけど...」
「どれを見て言ったのかなぁ...腫瘍の所見は無い。」
??????
まーさん「CTやMRIの設備のある病院での検査もすすめられたのですが」
先生「そうだね。心配でしょうから一度診てもらうといいよ。紹介入れてあげるから...」
と予約も取ってくれた。

こんなことがありえるの?
同じわんちゃんの肝臓のエコーをみてだよ!
私としてはもちろん、ガンじゃないと言うT先生を信じたい!っていうか信じてる。
なんとなく5分の4くらいはほっとしたけど、念のため16日にCTを撮りに行ってきます。

菅原動物病院
ちょっと遠くて大変だけど、CTはお金もかかるけど...
白黒つけてもらわなくちゃね。

それにしても...
「こんなになるまでほっておいたT先生を絶対に許せない!」となんど涙したことか...
チャッピーが咳をすると、まさか肺に転移??ちょっと元気がないと...も~死ぬほど心配した!
まだ、はっきりしたわけではないけど、今度は「A先生ってほんとに獣医?」とか思っちゃってる。
| チャッピーの肝臓 | COM(0) | | TB(0) | |