123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-10-07 (Tue)
うちでお世話になっている動物病院に
仙台市獣医師会のポスターが貼ってありました。

「犬 0頭  猫  364頭」

これは平成24年度に殺処分(嫌な言葉です)された数。

仙台市では24年度、犬0匹を達成しました。

因みに、全国では17万2360匹の犬猫が殺処分されています。

24年度といえば大震災の翌年。
仙台ではたくさんのワンちゃんが飼い主を亡くしたり、飼い主が家を失い避難所生活を余儀なくされ飼うことができなくなりなったり。

そんなんか、ボランティアの方々、獣医師会などの努力の力で、譲渡会や飼い主さんと暮らせるまでの一時預かりなどでのことです。

その一方での猫の数....


ポスターには
無関心がこのような事態を招いてる....のような事が書いてありました。

自分の飼いネコに去勢や避妊をせず放し飼いにすること。
野良猫に無責任にえさを与える事....

ワンコと暮らす者としては、何故猫は放し飼いOKなの?ってとても疑問に思います。
そして現在、野良犬ってほとんど見ないですが野良猫なのか飼いネコなのか分からない子の多い事!

私はネコも大好きです(犬ほどですが...)
でも知らない猫は怖いです。
実家で飼っていた小鳥が猫に瀕死の重傷を負わされたことがありました。

仙台市では譲渡会はもちろんのこと、
野良猫と呼ばず「地域猫」と呼び、処分するのではなく避妊手術をする運動もあります。

25年度の数はわかりませんが、きっと犬は0を継続、猫の数もずっと少なくなっていると思います。


東京でも2020年を目標に「TOKYO ZEROキャンペーン」が進められています。

いつか、「犬猫 共に 0」の日が来る事を願ってます。
| ゆっきのぼやき | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する