12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014-11-17 (Mon)

15日(土曜日)は午前中はサークルのお友達と二人きりでスタジオ練習

1115-1.jpg

ピアノはYAMAHAのフルコン♪
ピアノはすばらしいのですがフローリングの床が滑ってペダルに苦労しました(-_-;)

1115-2.jpg
ショッピングアーケード街から丸見えのガラス張り(^^ゞ
しかも楽器が展示してあるので立ち止まって見る人もいました。

1115-3.jpg
こんな珍しい楽器もありました。(これなんていう楽器?)

お友達Aさんも12月に発表会を控え、その前のサークルのクリスマス会のために二人で気合を入れて練習!
AさんはモーツアルトのソナタKV310とショパン ワルツ14番。
Aさんはとってもキチンとした方でモーツアルトが良く似合う。ご自身もモーツアルトが大好きだそう。
彼女いわく「ため。間。揺らす...が苦手だからショパンは難しい...」なのでワルツでも比較的カチっとした14番。
Aさんの奏でるモーツアルトは軽快に指が動いてキラキラして、それでいて短調の物悲しい感じがとっても素敵でした。
ショパンもレッスン開始は私のノクとほぼ同時期なのにほとんど完成形。

私はと言えば....
ちょっと環境が違うだけでメロメロ...(-_-;)
難所だったところも出来るようになったつもりだったけど、指がからまって全然ダメだった。

Aさんから
○左が出過ぎてる。
○カチっとしすぎ。もうちょっとショパンらしく揺らした方が良い
○最後の早いところ、堅い感じ...

と、とても的確なアドバイス。
うちの先生、褒めるばっかりなんだよね....
やっぱり第三者に聴いてもらうのは勉強になるね。
あ~~~でももう日にちがないぞ(-_-;)


それから午後は...
うちの先生のサークルのコンサートでした。
1115-4.jpg

バロック-古典-ロマン期-近現代-の小品をリレーで弾いていくものでした。
ほとんどが1分に満たない短い曲。
それでも全部で60曲を超え、結構聴きごたえありました。
途中途中に作曲家や時代の説明もあり勉強になりました。

とても勉強になった1日ではありますが....
今回のノク2ですが....選曲.....大 後悔....
憧れで弾いてみたい曲で思い入れもあった曲ですが....
人前で弾くのは無謀だわ。
サークルのみなさん、きっと一度は弾いたことあるだろうし....
発表会では定番!必ず一人はいますよね。
失敗だ~~
自分ひとり弾いてる分には良いけどね。
今更そんな当たり前の事に気付く私
実は次の曲、ショパンワルツ9番...と考えてましたが・・・ショパンは当分やめます。

| ピアノ | COM(8) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する